Skip to content

タグ: Unity

「Unity Shader 勉強会」に行ってきたよという話

Posted in 技術記事/勉強会

2018年11月8日に「Unity Shader 勉強会」という会に行ってきたので、そのまとめです。 概要 主催 Esさん(読み方は「いーす」) Web/GitHub 自身のサイトでめちゃいいシェーダ系の記事あげています。 というか勉強会初主催といいつつ自分もLTして(更にしっかりトレンド入り)ちょっとやりすぎじゃないですかね…!(褒めてる) 本日は本当にありがとうございました!初主催で色々ご迷惑をおかけしたりしましたが、ご協力いただいた皆さんのおかげで無事成功させることができました! #Uni…

デジゲー博2018に出展してきたよと言う話

Posted in 技術記事

2018年11月4日、秋葉原UDXにて行われたデジゲー博2018に出展してきたので、そのレポートです。 参考:デジゲー博2017の感想、設営レポ 設営 出来上がりはこんな感じ。ベースは去年のものを流用しました。詳しくは去年の設営レポを参照。 今年はそれに加えて3つ新しい試みをしました。 フライヤー 中段に乗っているのがそうです。今までは名刺オンリーだったんですが、家に帰ってからどんなものだったか思い出してもらうにはフライヤーがいいよね、というわけで頑張って自作しました。 デザインセンスがないので…

iOSアプリに有料アイテムを追加するときにハマったこと

Posted in 技術記事

ダクスパのAndroid版には課金システムを入れてあるのですが、iOS版に実装するのをすっかり忘れてたので実装しました。 先人達が丁寧な手順を書き残していたため気楽でしたが、いくつかハマったのでメモ。 アプリ側の実装については触れません。 3行まとめ BankingInformationはローマ字で検索すること。更に日本の銀行コードは無効 ローカリゼーションの「メタデータ不足」は罠。「審査に関する情報」を埋めること スクリーンショットの解像度はマニュアルの数字にピッタリ合わせるのが吉。 環境 W…

シェーダー芸(GPUパーティクル)入門~逆引編

Posted in 技術記事

概要編ではシェーダによるGPUパーティクルについて、大まかな内容を説明しました。 今回は勉強を進める上で、主に他人のコードを見た時に疑問に思いやすそうな部分を列挙してみます。 全体的な部分 数学を避けることはできますか? 無理です。 他人のコードを移植する程度のことはできますが、自由に軌道を作るには少なくとも高校程度の知識は必要です。 汎用性のある知識ですか? Geometryについてはあまりありませんが、シェーダを読めることや数学については大いにあります。 シェーダといえばほぼVertexとF…

「Gotanda.unity #8 in ワンダープラネット株式会社 @渋谷」に行ってきたよという話

Posted in 技術記事/勉強会

2018年9月26日に行われた「Gotanda.unity #8 in ワンダープラネット株式会社 @渋谷」というイベントに参加してきたので、そのまとめ記事です。 はじめに 主催:青木とと様 協力:Norikazu Hiraki様 ー ワンダープラネット株式会社 様 (会場提供/懇親会) 協力:もんりぃ先生様 ー 株式会社キッズスター 様 (懇親会) なお、キッズスター様では現在プランナー、ディレクターを募集中だそうです。 またワンダープラネット様の本社が名古屋にある関係で、10月10日に「Na…

シェーダー芸(GPUパーティクル)入門~概要編

Posted in 技術記事

関連記事 シェーダー芸(GPUパーティクル)入門~逆引編 概要 2018年8月11日、VRChat内で「JAPANELAND花火大会」というイベントがありました。 空中からいい具合に撮影したやつがなぜか保存されていなかった。。。地上からの見え方はこんな感じです!みんな表現がめちゃめちゃ綺麗そして花火会場が混まないから好きな位置から見れるし、ゴーグル外せばすぐ帰れるのもVRの魅力の一つですねw pic.twitter.com/d7YQIcpALN — ARおじさん (@AR_Ojisa…

「Unity 非同期完全に理解した勉強会」に参加したよという話

Posted in 技術記事/勉強会

2018年9月15日「Unity 非同期完全に理解した勉強会」というイベントに参加してきたので、その備忘録です。 概要 某プテピピックで出てきた「完全に理解した(わかってない)」というフレーズを冠したイベントの3回目です。今回の主催はとりすーぷさんですが、運営は毎度おなじみもんりぃ先生、青木ととさんが主に担当しています。 なんと休憩込みで5時間に及ぶセッションが用意されてたり、MVPを取った豪華登壇者がズラッと並んだり、本当にユーザーイベントか疑わしいレベルでした。(まあUTJの中の人もめっちゃ…

UniRxを使ってゲームの進行を管理する手法

Posted in 技術記事

先日「第9回1週間ゲームジャム「あつい」に参加したよという話」という記事をアップしました。 その中でタイトルにある内容を紹介したのですが、概要しか書いてなかったのと、リクエストがあったということで詳しい解説をしようかと思います。 環境 Windows7 Professional 64bit unity2017.4.9f1 UniRx Ver5.5.0 UnityHub 0.20.1 UniRxとは UniRxとはReactive Extensions for Unityというライブラリの通称で、…

第9回1週間ゲームジャム「あつい」に参加したよという話

Posted in 技術記事

2018年9月3-9日の期間に「第9回1週間ゲームジャム」というイベントに参加したので、そのレポートです。 1週間ゲームジャムとは Unityroomというサイトで行われる、1週間でゲームを作って投稿するユーザーイベントです。詳しくはスライドで。 1週間ゲームジャム準備会を開いた 前回に引き続き、準備会を開催しました。今回は人数が少なく、また同じ部屋で勉強会が行われていたため、打ち上げ会はこじんまりとした雰囲気で行いました。 急遽、自分の作品紹介タイムと、しばらく他の作品を遊んでからの推し作品紹…

「Unity Zenject完全に理解した」に参加してきたよという話

Posted in 技術記事/勉強会

2018年9月6日に「Unity Zenject完全に理解した」というイベントがあったので参加してきました。 全体的に高度なので、Zenjectとはなんぞや?というような方は、4、7、おまけ辺りを先に見るのをオススメします。 ライブ配信 ゲーム案件にZenject導入した経験を語る @KaseliaePenguin 導入した経緯 データが増えてく、初期化フローや依存関係が汚くなる、initialize祭り →zenjectで解決 シーン設計 本番とデバッグの差し替えを容易にしたい SceneCo…