Skip to content

TOKYO SANDBOX2018に参加したよっていう話

Posted in その他

以前記事にしましたが、TOKYO SANDBOX2018にブルガリアコントローラーで参加しました。

展示について

スペースについては一般的な長机1つ分(1800*450くらい)なので、デジゲー博の時に用意したものが色々と流用できました。
ベースはテーブルクロス+ダイソー網棚で、棚の裏に電源系を突っ込みました。(なおデジゲー博のときより横に長いと当日気づいた模様)
ブルガリアコントローラーを2台と、(前日に完成した)PVをノートPC2台展示する構成とし、スマホはダイソースタンドに載せることで立ってる人にも見やすい角度で固定。
フライヤーの類は全く用意しませんでしたが、やっぱあったほうが声掛けしやすいなーと思います。

ブース画像
ブース画像1日目

という感じで1日目を迎えましたが、ポスター的なものがないのでぱっと見何のブースか分からないなぁと思い、印刷物を追加。ネットプリント便利。でもプリンタ欲しい。

ブース画像2
ブース画像2日目

触ってみて分かる、ブルガリアコントローラーのよさ

実際触ってみた方に感想を頂いたところ、概ね好評でした。多くの方が、触った瞬間に「これだよこれ!」「これあると全然違うね」と口にしていたのが印象的でした。
これまで一番疑問に思われていた端末サイズ問題も、キャリブレーション機能で大部分が解決出来ることを見せられてよかったです。

お手伝いありがとうございました!

先の記事にも書きましたが、当日は9時間(一般公開は7時間ですが)*2日もある…ワンオペつらい…と呟いたところ知人2人が手伝ってくれることになりました。
体調もかなり悪かったので本当に助かりました。ありがとうございます。

応援ありがとうございます!

「ツイッターで見て気になってたので、触りに来た」という方が思ったより多く、1日では回れないボリューム感があるイベントの中、わざわざ探して見に来てくれてとてもありがたかったです。正確に数えてないのでイメージですが、「初めて知った人:知ってたけど触ったことない人」の割合は「4:1」くらいでした。
またブースまでに挨拶しに来てくれる方もいて本当ありがとうございます。恐縮です。

初?メディア掲載

なんとブルガリアコントローラーが初?のメディア掲載です。やったね!
ゲームキャスト:インディーゲーム展示会Tokyo Sand Boxで見たスマホゲーム・関連品一覧 #TokyoSandBox

課題

いくらハードの評判が高くても、ソフトがなければ買うには至りません。
ハードの試作はガンガン進められる見通しが立ったので、今後は対応タイトルを増やすための活動を増やす予定です。

その他

普段とは違う方と多く話せたので、色々な視点からの意見が頂けてとても参考になりました。今後の戦略の幅が広がりそうです。
あとはこれ。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です